マタニティビクスの効果と産婦人科・講習会

マタニティビクスとは

マタニティビクスとは妊娠をしている女性に運動不足を解消する目的として考えられた運動法です。マタニティビクスが注目を集めている理由として、妊娠をしている妊婦にとって体重増加は注意しなければいけないという点です。あまりにも体重が増加していくと出産に影響を与えてくることになります。このためマタニティビクスが効果的なのです。


マタニティビクスは、全国520箇所の産婦人科やフィットネスクラブで実践されている妊婦さん専用のエクササイズプログラムで、その運営媒体として日本マタニティビクス協会があります。


マタニティビクスのなかには、「マタニティヨガ」と呼ばれる、医学的な見地と女性の立場から考えられた、妊娠中、お産、産後に役立つ理想的なプログラムや、「ママヨガ」と呼ばれる産後のボディをあなたの理想の体にデザインするパワー系のヨガもあります。


また妊婦さんに適したエアロビック的な運動としてマタニティビクスのほかにマタニティウォーキング・マタニティアクアビクス・マタニティスイミングなどがあります。こうしたマタニティビクスの方法を解説したビデオやDVDも発売されているのでみてみるといいでしょう。

マタニティビクスの効果とは

マタニティビクスをすることによる効果とはどういうものでしょうか。マタニティビクスの効果にはいくつかあるのですが最大の効果とは妊娠中の体重増加のコントロールです。


ほかにもマタニティビクスの効果としては腰痛、便秘、ストレス解消、有酸素運動でお産の時に必要な全身持久力と筋力アップ、妊娠中に起こりやすい腰背痛・むくみ・静脈瘤・妊娠線・肩こり、おっぱいのエクササイズで母乳の出をよくする、産後の体力・体型回復の促進、高血圧妊婦の血圧下降作用、仰臥位性低血圧症などの予防などががあげられます。


特にマタニティビクスはストレス解消や体重増加に効き目があるのです。ストレスがあると思うように体が動かないことがあります。また出産に向けて不安が募っていくこともあります。


このような不安な状態を解消してくれるのがマタニティビクスの効果なのです。産道などを鍛えることにより、マタニティビクス実践者は、未実践者に比べて分娩時間・出血量ともに少ないことが証明されています。

マタニティビクスの注意点と講習会情報

実際にマタニティビクスをしてみたいと思った場合どうしたらいいのでしょうか。まず全ての妊婦ができるわけではなくある条件をクリアした妊婦ができるのです。医師の許可があり妊娠15週目以降であることが条件となりますので注意が必要です。マタニティビクスを行う際は必ず必要になりますので医師に相談しましょう。


日本マタニティビクス協会や全国各地(東京 神奈川 横浜 川崎 千葉 名古屋 大阪 京都 広島 福岡ほか)の産婦人科や施設でマタニティビクスの講習会やワークショップも開催されているので参加して話を聞いてみるのもいいでしょう。


マタニティビクスをすること妊婦にとってさまざまなメリットがあります。ある調査によれば初産婦の場合に分娩時間の短縮や低出血による安産など出産による不安を解消するようなデータがあるのです。


マタニティビクスに参加すると、また同じ出産前の友人ができたり会話をして不安を解消できたりします。以前皇室の紀子様もこのマタニティビクスをされたそうです。出産前の不安やストレス解消にマタニティビクスをはじめてみませんか。